集客の手段としてのホームぺージ

WEBマーケティング

ホームぺージはなんのために持っているのでしょうか?

名刺代わりや集客のためというケースが多いと思います。

1.ホームページを持つ意味

士業に限らずホームページは集客に活用することが出来ます。

しかし、活用出来ているようで、本当に活用出来ている士業の先生方は少ないように感じます。

ホームページを持つことは、仕事をする上で、とても大事なものです。

気軽にネットで検索する時代なので、何か知りたいことがあれば、スマホ一つで簡単に調べることが出来ます。

ホームページを持ってるか持ってないかで集客に相当な差が生まれてきます。

例えば、相続の相談をしたいと考えている方は、どのように調べるでしょうか?

昔であれば、タウンワークを活用していたかもしれません。

今は、おそらく 「相続相談 東京」などのキーワードで検索すると思います。

そういった中で、どこに頼むかを決めると思います。

こうした状況では、ホームページを所有してない事務所さんは、検討すらされません。

ホームページを持っていなければ頼む候補にすらなりません。

もちろん、単純にホームぺージを作成するだけでもいけません。

たとえば  A事務所のホームページ 先生の顔写真も載っていない デザインも綺麗ではない

B事務所のホームページ 先生の顔写真も載っていて、デザインも綺麗

さて、どちらの事務所に問い合わせしたくなりますか?

ほとんどの人がB事務所に問い合わせをすると思います。

ホームページは集客する上で、基本であり、いかにしっかりとしたホームページを作成するかという点が重要になります。

集客出来るようになるまでは、時間も手間もかかりますが形になれば大きな収益を生み出す営業ツールになります。

2.お客様から選ばれるホームページを作る

集客出来ないという相談を受けるケースで、よくあるのは、単純にホームページがただの事務所紹介ページになっていることです。

たとえば、同じ地域に行政書士が一人しかいなければそれでよいと思います。

しかし、同じ地域には同業者がたくさんいます。

ですから、同業者と差別化するためのあなただけのポイントがなくてはいけません。

どうしても士業の枠組みの中で考えてしまうと同業者と似たり寄ったりになってしまいます。

いかにあなただけのサービスを生み出して、それを伝えていく必要があります。

まとめ

集客の手段として、ホームページは非常に効果があります。

もちろん、単にホームページを作成するだけはなく、集客出来るようなホームページを作成しなくてはいけません。

タイトルとURLをコピーしました