士業がホームページで結果を出すために必要な3つのポイント

WEBマーケティング

当たり前ですが、ホームページを作成しただけでは、集客出来る時代ではなくなってきました。

現在は、競争が激しいためにしっかりとホームページも作り込んでいく必要があります。

それでは、ホームページ集客で結果を出すために必要なことはなんでしょうか?

ポイントを挙げていきましょう。

前提として、【いかに他の士業と違うのか?】という点が大事になってきます。

1.ターゲットを絞る

当たり前の事ですが、まず自分がどのようなお客様に問い合わせをしてほしいかを考えていかなくてはいけません。

もちろんどの分野で集客するか、その分野でどのようなお客様をターゲットにするかを考えていかなくてはいけません。

たとえば税理士事務所について考えていきましょう。

・20代(若手起業家)専門の税理士

・世田谷区専門の税理士

・美容師専門の税理士

単純に会社経営者といっても、対象者はたくさんいます。

ターゲットを絞ることで、特定の層に対してアピールすることが出来ます。

もちろん、ターゲットは必ずしも一つである必要はありませんし、複数でもよいと思います。

しかし、SEO対策や集客の点や見易さを考えると、1サイトには1サービスの方が良いです。

2.ユーザーに対して有益な情報を提供すること

単に、サービス紹介や自分の書きたいことをホームページにのっけるだけではまったく意味がありません。

大切なことはユーザーにとって有益な情報を提供してあげることです。

ユーザーにとって有益な情報を提供することで、訪問者も滞在時間も長くなりますし、問い合わせにつながります。

また、ユーザーに有益な情報を記載しておけば、googleからの評価も高くなるので、検索順位も上がりやすいです。

3.問い合わせをしやすくする

ホームページのゴールは、お客様から問い合わせを頂くことです。

ですから、当然ホームページも問い合わせをしやすいような構成にしていなくてはいけません。

ボタンの配置や色、問い合わせや資料請求などの文言をしっかりと考えていかなくてはいけません。

電話番号の下に、受付時間なども明記してあげることで、問合わせのハードルも下がったりします。

どのような配置や構成が問い合わせをしやすいかをユーザー目線で考えていくとよいでしょう。

まとめ

士業のホームページ集客は、単にサイトを作成しただけでは出来ません。

しっかりとターゲットを絞りコンテンツを作成していけるかが重要になってきます。

また、問い合わせをしてもらいやすい構成にしていくことも大事になります。

タイトルとURLをコピーしました