士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント

WEBマーケティング

士業がホームページを制作する際にどのような点が重要になってくるのでしょうか?

1.マーケティングについて考えること

まず一つ考えられる点としは、マーケティングの視点を持つことです。

単にホームページを作成するのではなく、マーケティングについて考えたホームページを作成していかなくてはいけません。

詳しくお話していきます。

おそらく、士業の先生がホームページを欲しいと思ったらおそらくホームページ制作会社に頼むケースが多いと思います。

もちろんホームページ会社は、ホームページを制作することに対してはプロです。

しかしホームページ制作会社もマーケティングのプロではないケースもあります。

単純に綺麗なデザインを作成することは得意だが、集客などには自信がないという会社もたくさんあると思います。

そもそもホームページを制作して何がしたいのでしょうか?

多くは集客したいと考えている方が多いと思います。

ですから大事な部分はいかにマーケティングまで考えたホームページ運用をしていくかが大事です。

単にホームページを制作するだけでは意味がありません。

ホームページを制作して、集客することがゴールになります。

ですからホームページを制作する際には

どんなターゲットに絞っていくのか?

どんな強みを打ち出していくのか?

どんな文言で訴求していくのか?

そのような点などもしっかりと考えていかなくてはいけません。

特に士業のマーケティングは難しいです。

士業業界の性質上、どうしても仕事内容などが似たり寄ったりになりがちです。ですから、士業業界に詳しい業者に頼む方がいいです。

しかし、そういった士業のマーケティングまでカバーしてくれるホームページ会社は少ないです。

ですから、ある程度ご自身でマーケティングなどを考えていかなくてはいけません。

単にホームページ会社に全部お任せします!ではまったくダメです。

2.情報ギャップを意識すること

次に意識していかなくてはいけないポイントとしては、士業の先生と一般ユーザーには情報ギャップがあるという点です。

一般ユーザーは士業の世界についてほとんど知らないです。

いかにわかりやすく伝えるかという点が重要になります。

士業の先生はとにかく知識がたくさんある方が多いです。

しかし一般の方はまったく知りません。

そもそも行政書士はなんの業務が出来て、司法書士はなんの業務が出来るかがわからない人の方が圧倒的に多いです。

ですから、難しい単語なども使う必要もありませんし、いかにわかりやすく単純に伝えていくのかという点が大事です。

まとめ

ホームページを制作する上で、マーケティングや情報ギャップを意識することが大事になります。

ホームページ制作会社に丸投げするのではなく、ご自身でしっかりと考えていくことも重要です。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法

タイトルとURLをコピーしました