士業のWeb集客において考えておくべき事

WEBマーケティング

士業は専門性が高い業種であり、一般企業のような営業活動には不向きです。

そこで、多いに活用して頂きたいのがWebでの集客です。

インターネットにおける集客は、士業にとっては必要不可欠だと言う事ができます。

このWeb集客を行う上で、考えておく必要がある事とは、一体どのような事なのでしょうか?

1.制作の前段階で考えるべき事

制作を行う上でも、あなたが士業事務所として、どのような業務を行っているのか、どの業務なら得意なのかと言う具体的な内容を考えなければなりません。

士業の資格を活かして行う業務は様々あり、中では行うことのできる業務だけで100を超える士業も存在します。

実際に、全ての業務を行う方は少ないですし、何かに特化して得意な業務を行う士業が、戦略としては有利です。

Web制作を行う前に、これらの内容について十分検討する必要があります。

なんでも出来ますと言う士業事務所と、これだけは得意ですと言う士業事務所では、多くのお客様は得意だと言う後者の事務所を選択しますから、大変重要なポイントとなります。

それらをWebでアピールし、集客に繋げる必要があると言う事なのです。

2.Webでお客様が注目しているポイントって何?

答えから申し上げますが、お客様が求めている情報は、あなたが士業としてどのような業務をしているか?依頼をした時にどのように不安を取り除き、対策を講じてくれるのか?と言う点が大きくなります。

士業事務所なわけですから、その士業に関わる問題を抱えていると言う事になります。

勿論、多少なりとも不安を抱えて閲覧されるわけですから、ただ単純に問題を解決できるだけの士業では、業務をする上でも 不足です。

業務をした結果、問題を解決し、その間も不安を取り除きながら結果的に安心を与える必要があると言う事です。

つまり、何が出来るのか?と合わせて、士業自身の人間性も見ているのだと言う認識をしなければなりません。

その上では、Webに掲載する内容を、業務内容だけに一環して掲載するのではなく、士業としてのあなたご自身の事も知ってもらう必要があると言う事です。

従って、Web制作を行う前に、これらの事を組み込んだ内容を考えておくべきだと言う事なのです。

アピールが出来ていないWebは、ただの士業事務所なだけであり、そこに個性はありません。

お客様にとっては、ただの士業事務所だと言う認識しか持って頂けないと言う事になります。

あなたが、どのような考えを持ち、どうやって不安を解消し、行動を起こす事ができるのかをアピールする必要があると言う事を頭に入れておく必要があるのです。

士業と言っても、1人の人間ですし、依頼をしたいと思うお客様も人間です。

人と人とが繋がりを持つ以上、士業だと言う事だけでは集客を見込む事はできないのです。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法

タイトルとURLをコピーしました