SEO対策の1つであるコンテンツの文字数について

WEBマーケティング

皆さんは、SEO対策の1つの手法としてコンテンツ対策としては、どのような手法を取られていますか?

SEO、すなわち検索順位ですが、この順位を上げる対策としてコンテンツはとても重要なポイントとなります。

順位が上の方に来なければ、せっかく作ったホームページも、足を運んで下さいませんし、作った意味すら無くなってきますよね。

誰かが見る事で初めて、そのホームページは生きてきますから、SEOとしてのコンテンツ対策は重要な項目だと言えます。

SEO対策としてのコンテンツで求められる事と言うのは、その独自性、検索クエリに対し、適切なコンテンツ内容を提供できているか?がポイントとなります。

ちなみに、検索クエリと言うのは、検索をするユーザー側が、検索をかける際に打ち込むワードやフレーズの事を意味しています。

元は、クエリ=質問と言う意味合いであり、検索をする際にクエリをして、その質問に対する答えを要求する事にあります。

このコンテンツについて、title(タイトル)やdescription(ディスクリプション)の文字数は、このくらいが良いと言う目安をご存知でしょうか?

それぞれで見ていきましょう。

1.title(タイトル)の文字数

titleの文字数に関しては、日本語表記の場合、30文字程度が望ましいとされています。

その理由についてですが、32文字以降の文字は、省略される場合があるからなのです。

検索をかけた時、検索した結果がズラーっと表記されるわけですが、ここに出てくるtitleの文字数が32文字以上となると、その続きの文字が表示されずに「...」となってしまう可能性があるのです。

途中で文字が切れてしまいますから、これでは一体何のサイトなのか、そもそもの内容が把握できません。

また、キーワードはtitleの前方に持ってくる方が良いとされています。

キーワードの配置によっては、順位に変化が生じるとされているからです。

すでにコンテンツ対策を取られている方は、今一度確認しておきましょう!

2.description(ディスクリプション)の文字数

descriptionと言うのは、検索結果で表示されたtitleの下に、そのサイトの内容が数行に渡って表記されている欄の事を言います。

こちらも、titleと同様に、省略される可能性がある為、文字数としては100文字程度が望ましいとされているのです。

また、ここの内容についても、titleだけではなく、サイトの中身を見る前段階で、そのサイトには何が掲載されているのかを知らせる手段でもありますから、こちらも今一度、確認しておきましょう!

また、近年ではPCだけではなく、気軽に検索をする事ができるスマホ等の携帯電話がありますから、そこから検索される事も考慮し、なるべく前半に内容をまとめると良いでしょう。

3.まとめ

このように、単純にSEO対策をとると言ったり、コンテンツを使うと言っても、細かい手法が沢山あります。

過去に掲載したコンテンツを再度確認し、この辺りの対策が本当に十分であるのか、しっかりチェックしておきましょう。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法

タイトルとURLをコピーしました