Googleの使命とされている良質なコンテンツとは?

SEO

検索をするユーザー側が求めるコンテンツとは、どのようなものなのでしょうか?

また、上位に表示をするアルゴリズムにおける、コンテンツの大切さをGoogleが高めている近年の背景をご存知ですか?

集客をする際に必須となるコンテンツですが、そもそもGoogleは「良質な検索結果を返す事を永遠の使命」だと言っています。

つまり、コンテンツを提供する側ではなく、そのコンテンツによって検索をするユーザー側が良質な検索結果を得る事が目的であり、提供する側の目線ではありません。

その事から、まずはGoogleが使命だとしている良質なコンテンツとはどのようなものか?から理解していく必要があると言う事になります。

1.キーワードからヒントを得る

Googleの言う良質なコンテンツと言っても、どうすれば良いのかわからないと言う方も多いと思われます。

そこで1つ使っていただきたいのが、キーワードからヒントを得ると言う事です。

よく、インターネットで検索を行う際に、検索キーワードが出てくるのをご存知の方は多いはずです。

これは検索をするユーザー側の為のものではあるのですが、ユーザーがどのような検索ワードを使っているのかを、このキーワードからヒントを得る事が可能です。

わかりやすく、士業で検索した例を上げてみましょう。

「士業」と検索をすると、そこには「ランキング」「難易度」「将来性」「バッジ」「一覧」「年収」・・・と言うように、キーワードが表示されます。

この事から、ユーザーが何を知りたいのか?という事が見えてくるはずです。

また、キーワードには、上記のような予測変換サジェストキーワードだけではなく、関連性があるキーワードや、その他のキーワードがありますから、こちらも参考にすると良いでしょう。

2.3Cを使ったコンテンツ作成

まず、3Cとは何の事なのでしょうか?

customer【顧客】 company【自社】 competitor【競合】

この3つの頭文字から付けられた名前です。

あなたの事務所が行っているサービスに対し、それらを利用するであろうお客様はどのような方々なのか?

また、あなたの事務所のブランドイメージ、市場シェア等を提供する技術的な力はどのくらいあるのか?

そして、競争する相手のライバルは、どのようなものを提供している?若しくはできるのか?状態はどうなっているのか?

これらの事を理解した上でコンテンツを作ると良質なものになりやすいと言われています。

3.まとめ

コンテンツマーケティングは、ただ単純にコンテンツを提供すれば良いと言う事ではありません。

このコンテンツを利用したユーザー側にメリットがある必要があるのです。

その為には、コンテンツの内容について、良質な物にしなければならないと言う鉄則があります。

これらを理解した上で、事務所の現状を理解し、作成を行う必要があると言う事なのです。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法

SEO
士業のホームページ制作・営業・経営支援の01ゼロイチ侍
タイトルとURLをコピーしました