SEO対策をするには、内部リンクが重要なの!?

SEO

士業事務所が経営をする上で重要となるWeb集客。

その中でも検索順位を上位に表示させるにはSEO対策はかかせません。

今回は、そのSEO対策における内部リンクの重要性について解説させて頂きます。

1.内部リンクって何?

まず、内部リンクってご存知でしょうか?

リンクには、外部リンクと内部リンクがあるのですが、今回重要とされる内部リンクと言うのは、インターネットのサイトの中に設定してある被リンクの事を言い、外部リンクとは違ってご自身で完全なる設定が可能となっています。

具体的に内部リンクとは、外ではなく、サイトの中で行き交うリンクの事を言います。

ちなみに、リンクと言うのはネット用語ですが、「リンク=連結する」と言う意味から分かるように、1つのページから別ページへ移動する仕掛けの事を言います。

2.何が重要とされるのか?

まず、内部リンクで重要度が高いものとして上げられるのは、そのサイトの中のどこからのリンクかがわかるような設定されている場所です。

次に、内部リンクとして設定したリンク先のページのコンテンツとどのような関連があるか。

そして最後に、リンク先についてのテーマがわかるような、アンカーテキストであるかどうかです。

これらが、内部リンクとしてSEO対策を行う上で重要とされている項目となっています。

更に、1番重要とされているのは、本文の中から内部リンクさせる事が最も効果的とされております。

3. 内部リンクを最適化するには?

内部リンクは、訪問する側だけではなく、クローラーにとっても最適化する必要があります。

クローラーの評価は、リンクを辿ってページ移動する事でインデックスを行ったり、繋がり自体を判断しているからです。

ちなみに、クローラーと言うのは、サイトの情報収集をするロボットで、クローラーが巡回しやすさの事をクローラビリティと言います。

このクローラビリティはコンテンツのサイトが大きい程、欠かせないものとなっております。

最適化するには、いくつかのポイントがあります。

・わかりにくいような単語の場合に設置する【補助リンク】

・コンテンツ同士の間でナビゲーションとなっている【ローカルナビゲーション】

・サイト自体の全体のナビゲーションとなっている【グローバルナビゲーション】

・自身のサイトへリンク設定をする【フッターリンク】

・ページの階層順にリストアップして設置をする【パンくずリスト】

・コンテンツの一覧を示している【サイトマップ】

これらの項目を最適化する事によって、クローラーが回遊しやすくなり、コンテンツ等を探しやすい構造とするのが大切です。

このように、内部リンクだけでも、SEO対策を行う上では、大切な項目になりますから、知識として頭に入れておく必要があると言う事になります。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法

SEO
士業のホームページ制作・営業・経営支援の01ゼロイチ侍
タイトルとURLをコピーしました