SEO対策に必要となるリライトとは?〜基礎知識〜

SEO

皆さんはリライトって聞いた事があるでしょうか?

SEOと言う検索結果の順位を上位にもってくる対策の1つとしてコンテンツが上げられるのですが、このコンテンツをリライトすると言う事も大切な事です。

今回は、そのリライトの基礎について解説を行っていきたいと思います。

1.リライトの基礎知識

まず、「リライト」についてですが、この言葉の意味は、書き換えたり、書き直したりする事を意味します。

ですから、記事を一から制作すると言うものではなく、元からある記事について、中身の根本的な意味を変えずに、表現を変えたり、ワードを書き換えたりして、リニューアルさせる事だと認識して頂ければと思います。

2.SEO対策におけるリライトとは?

では次に、具体的にSEO対策に対して行うべきリライトを見ていきましょう。

まず、多くの方が勘違いしやすいので注意して頂きたいのですが、SEO対策におけるリライトの意味は、問題点を見つけて改善 すると言うプロセスが、そもそもの意味であり、リニューアルする事だけを考えて「少し追記したら良い」や、「言い方を変えて更新したら良い」と考えている方がいらっしゃいますが、これは間違いです。

リライトをして、そもそもある記事の問題を訂正したり、改善する事が、SEO対策におけるリライトであるとご理解下さい。

意味もわからずに、ただリライトをすれば良いと認識している場合は、結果的に逆に順位を下げてしまった!と言う結果にもなりかねませんから、注意が必要です。

SEO対策として、コンテンツでも大切な事は、検索されやすいワードを散りばめる事や、その内容に合わせたタイトルを考える必要があると言う事です。

つまり、タイトルが分かりにくかったり、必要とされる情報に漏れがあるような場合においては、SEO対策が不十分であり、検索をしても順位は下の方になってしまいます。

Googleは、コンテンツを提供している側ではなく、コンテンツを必要としているユーザーにとって価値があり、質の良いものを上位に表示させます。

これらの意図をしっかり理解した上で、リライトを行わなければなりません。

また、ユーザー側にとって価値があると言う事は、タイトルやコンテンツの中身自体が良質である必要があります。

その中でもタイトルに関しては重要だと覚えておく必要があります。

皆さんも知りたい事を検索された際、タイトルを見てご自身が知りたい内容かどうかをいち早く判断していると思います。

まずは、タイトル、そして中身と言うようにリニューアルし、タイトルと記事の中身が一致するように構成しなければなりません。

以上のような事に気を配りながら、リライトを行う事が大切です。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法

タイトルとURLをコピーしました