SEO対策にXMLサイトマップは有効か?〜XMLサイトマップとは〜

SEO

以前、HTMLサイトマップについて、ご紹介させて頂きましたが、今回はXMLサイトマップについて解説を行ないたいと思います。

そもそも、士業事務所を経営し、ホームページを使っていたとしても、XMLサイトマップと言うワード自体に触れた事もないと 言う方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?

また、このXMLサイトマップがSEO対策になるのかどうか?についても、合わせてご説明させて頂きたいと思います。

1.XMLサイトマップって何?

マップと言うワードからもお分かりの通り、サイトの中のマップの1つだとイメージして頂ければと思います。

XMLサイトマップとは、Webサイトのページ内容を検索エンジンに知らせる為のものとなります。

表示すると、サイトのURLから、日付まで、そのサイトの情報が表示されます。

XMLサイトマップを使う理由としては、クローラーに対し、XMLサイトマップを送信する事によって、早くインデックスをする効果を発揮します。

分かりやすく言うと、ネット空間を回っているクローラーに「ここに、こんなページがありますよ〜」と知らせると言う事ですね。

通常ですと、新しいページについてはクローラーが廻ってくるまでに多少の時間を要するわけですが、このXMLサイトマップを利用する事によって、効果的に知らせる事が可能となるのです。

ですから、特に新規のサイトページについては、効果を発揮しやすくなりますから、SEO対策の観点からすると、使っていて損はないと言えるでしょう。

2.XMLサイトマップの利用方法について

まずは、検索エンジンに読み取って貰う必要がありますから、インデックスしてもらう為の方法について、2つご紹介しておきましょう。

2-1.Google Search Consoleを利用する方法

まず、sitemap.xmlを作成し、.Google Search Consoleにログインします。

次に、タブから「クロール」、「サイトマップ」と進み、「サイトマップの追加/テスト」を押します。

そして、入力欄にXML形式で入力を行い、「送信」を押して完了です。

2-2.robots.txtを利用する方法

これは、Webのサイトのルートに配置するファイルの事を言います。

手順としては、サイトマップの情報をrobots.txtに記述し、ルートディレクトリに設置を行い、完了です。

3.まとめ

ここでは、XMLサイトマップの基礎的な情報と、簡単な利用方法について述べておりますが、まずはXMLサイトマップと言うものがあると言う事から理解する事が大切です。

SEO対策では、様々な対策方法が上げられますが、XMLサイトマップも、その1つの手段です。

ただし、普段SEO等の事について触れられる機会が少ない方にとっては、このような横文字の専門的なワードでも混乱しやすくなりますので、まずはこれらのワードに慣れていく事から初めてみるのも良いでしょう。

最初はなかなか難しいなと感じるとは思いますが、少しずつ知識を身に着けて、自分詩人で様々な対策が取れるようになれると良いですね!

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法

SEO
士業のホームページ制作・営業・経営支援の01ゼロイチ侍
タイトルとURLをコピーしました