リライトの際に気をつけなければならない事〜コピーコンテンツ〜

ライティング

以前ご紹介したSEO対策にも関係のあるリライト。

これは、元々ある文章に対し、内容を変える事なく、言い方や表し方等の表現に変化を与え、リニューアルした記事を作成する事です。

リライトの方法については、ご説明させて頂きましたが、何でもかんでもリライトをすればすべて良いと言うわけではありません。

リライトをする際には、注意しておかなければならない点もいくつかあります。

その1つがコピーコンテンツというわけなのですが、それと合わせていくつか注意しておきたい項目もありますので、合わせてご紹介させて頂きたいと思います。

1.コピーコンテンツとは何の事か?

皆さんは、コピーコンテンツと言う言葉を聞いた事があるでしょうか?

文字通り、コンテンツをコピーすると言うわけですから、例えば、人がサイト等に上げている文章を、そっくりそのままご自身のサイトの記事に引用する事を表します。

もっと分かりやすく一般的に使用している言葉に直せば、「コピペ」ということですね。

これは、言うまでもないかもしれませんが、完全に著作権を侵害した行為となりますから、例え、書籍ではない、サイトにUPされている記事であったとしても、そのままコピーすれば立派なコピーコンテンツとなってしまいます。

どうしても、引用したい場合は、引用元の利用規約を確認したり、費用を支払った上で承諾を得てから用いる等の行為が必要です。

更に、Googleの考え方としては、閲覧をするユーザー側にとって良質で価値のあるコンテンツでなければならないとされていますから、全く同じ事を、全く同じ文章でコピーして掲載した場合は、Googleからペナルティを受ける事になります。

ペナルティには、自動で行われるものと、Googleの社員が手動で行うものがあります。

検索順位を下げられるだけではなく、Google社員が行った手動のペナルティとなると、検索順位自体が圏外に飛ばされてしまったり、インデックスが削除されるような、重たいペナルティを受ける事になりますから、コピーコンテンツに関しては注意 が必要ですので、リライトを行う場合は、慎重にする必要があると言えます。

2.神経質になりすぎない事も大切

1では、注意すべきコピーコンテンツについて解説しましたが、上記の点について注意していれば、そこまで神経質になる必要はないとも言えます。

例えば、法律の条文などのように、すでに決まりきっている事を説明する時に、どうしても同じ文章で表現せざる負えない場合があるからです。

ここまでコピーコンテンツだとしてしまうと、リライトをする際に手が止まってしまいますし、いつまで経っても文字は進みません。

また、違う言い回しをした結果、ユーザー側にとって、余計に分からない内容になってしまったとなると、コンテンツとして価値が低くなってしまいますから、あまり神経質になりすぎないと言う事も大切な事だと言えるでしょう。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法

タイトルとURLをコピーしました