士業事務所でもコンテンツは定期的にいるの?

WEBマーケティング

士業事務所は、一般企業とは違い、専門性が高い職種に属しています。

しかしながら、現代、世の中に沢山の士業資格を有している方や、事務所を開いて運営している方は沢山いますから、そのライバルに勝って集客を見込む為には、インターネットによる集客は欠かせない時代となりました。

よくSEO対策と言って、事務所ホームページの検索結果の順位を上げる対策が色々とネット上には、日々上げられているわけですが、その中でもコンテンツを定期的にネットに公開し、マーケティング手法の1つとして取り入れる事は大変重要です。

このコンテンツは、どのくらい必要だとされているのでしょうか?

1.Googleの考え方から考えるコンテンツマーケティング

コンテンツを上げる手法の事をコンテンツマーケティングと言いますが、まずはGoogleの考え方を理解していなければ、上げる意味もわからないと思われますので、そちらから考えてみましょう。

Googleは、サイトを運営したり、コンテンツを提供している側である士業事務所が得をするのではなく、そのサイト等を閲覧したり、コンテンツを見て利用できる、検索ユーザー側に得がないと意味がないと言う考え方をしています。

ですから、コンテンツであっても、中身のないような価値なきコンテンツであればユーザー側にメリットをもたらす事はできませんから、まずは良質なコンテンツを用意するようにしましょう。

更に、コンテンツを最低でも週に2回程度は上げておく事を頭に入れておく必要があります。

事務所のホームページが開設された際に、一定量のコンテンツを掲載したとしても、それで終わりと言う事ではありません。

そのサイトが生きている事が分かるよう、日々地道にコンテンツを上げる努力が必要なのです。

生きていないと判断されてしまうようなホームページでは、作った意味が無くなってしまいます。

2.ホームページ開設時に必要なコンテンツ数とは?

事務所を始める際には、ほとんどの方が事務所ホームページを開設されると思うのですが、この開設の際には、コンテンツを最低でも30〜50くらいは用意しておいた方が良いでしょう。

一気にコンテンツを上げるのは、Googleから検索順位を下げられそうな印象を受けますが、ホームページ開設後、すぐに順位が上位に上がるわけではなく、一定期間は必要です。

そのホームページのコンテンツがあまりにも少ないとなると、ユーザー側にとってはあまりメリットにはならないのです。 開設後は地道な努力が必要であり、開設する前には一定量のコンテンツを用意しておくと言う事を心がけておきましょう!

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法

タイトルとURLをコピーしました