検索ユーザー目線で考えるコンテンツ作りとは?

WEBマーケティング

今や、SEO対策においては、コンテンツマーケティングは外せない手法の1つとなりました。

士業事務所においても、事務所ホームページは必須である上に、コンテンツを提供する事も集客を行う上や、SEOの観点からは外す事の出来ない物となっています。

今回は、SEO対策におけるコンテンツの提供を行う際、内容をどのように制作すれば良いかどうかについて見ていきたいと思います。

1.主役は常に検索ユーザー側にあると考える

士業の資格を持つあなたが、コンテンツを作成する際、士業における様々な情報を豊富に持っているのは当たり前の事です。

しかしながら、そのコンテンツを閲覧する検索ユーザー側が、そのコンテンツ(記事や動画など)を見た時、内容がわからなければ、結果的にコンテンツとして価値は無いと考えておくべきです。

勿論、コンテンツを作成し、提供する側は、士業事務所側ではありますが、そのコンテンツを利用して、様々な情報を得てメリットを見出すのは、検索ユーザー側であり、後者が主役でなければならないのです。

情報を与えてあげている等と考えているのであれば、今すぐその考え方を捨てるべきです。

閲覧する側にとって、価値ある物こそが、真の価値あるコンテンツだと言う事を、まずは一番最初に頭に入れてコンテンツの作成を行いましょう。

例え士業に関する様々な知識を活かし、その情報をコンテンツとして提供したとしても、ユーザーにとって価値がなければ、そもそも作る意味すらないと考えておくべきです。

2.Googleの考え方をしっかり理解しておく

上記でも上げている通り、コンテンツを提供する士業事務所側ではなく、そのコンテンツを閲覧し、情報を取り入れるユーザー側に価値があるものでなければならないとお伝えしました。

ここには、Googleの考え方と言う背景がある事をしっかりと理解する必要があります。

コンテンツは、基本的に無料で提供するものではありますが、Googleの考えでは、検索ユーザー側にメリットがないようなコンテンツの意味がないと考えていますし、価値もないと考えているのです。

読み手にとって、貴重な時間を割いて閲覧してくれるわけですから、聞き慣れない専門用語や、言い回し、文章構成を行っていれば、それは結果的に価値のないコンテンツだと言う事なのです。

ですから、作成する人は、常に読み手の立場になって考えながら文章を考えなければなりません。

士業の方は特に、普段、人が聞き慣れない専門用語に慣れており、あなたにとって当たり前の言葉が使われやすい傾向にあります。

しかし、あなたにとって普段から慣れている言葉であっても、読み手にとっては始めて聞くような言葉だって多くあるのです。

わかりやすい内容で、解説をしっかりと付けながら、結果的に読み手にとってメリットとなるようなコンテンツであれば、そこで初めて価値のあるコンテンツだと表現する事ができるのです。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法
ホームページ集客を実現したい士業が制作前に知っておくべきノウハウ

タイトルとURLをコピーしました