良質な記事を作るポイントって?

WEBマーケティング

今や、マーケティング手法の1つとしてコンテンツは欠かせない物となりましたが、このコンテンツ、実際に良質な内容にする為には、どのような所にポイントをおけば良いのでしょうか?

今回は、SEO対策におけるマーケティング手法の1つ、良質な記事作りについてお話させて頂きたいと思います。

1.はじめに

士業事務所のページ等に掲載するコンテンツですが、この記事を作るにも、士業の実務をこなしながら、限られた時間を使って制作をされる方も多いと思われます。

また、コンテンツの場合、作成するのに、内容の企画構成から、校正までを1人で作り上げられると言う方も結構いらっしゃると思います。

また、記事のネタに行き詰まってしまったり、悩みの種となりそうなものは、コンテンツを作る上で沢山ある事でしょう。

しかし、良質なコンテンツを作らなければ、そもそもコンテンツとして意味を成しませんから、良質な記事作りと言うのは、大切な事だと言う事を、まずは頭に入れておきましょう。

2.良質な記事を作る上で押さえておきたいポイント!

1.目的を明確にする

まずは、企画を考える前に考えてみて下さい。

記事を作成する際には、必ずその記事を作る上で何かしらの目標があるものです。

その記事を作成して、読み手に何を理解し、それを繋げて欲しいのかについて、予め考えておきましょう。

2.読み手のニーズを考えてみる

検索ユーザー側は、自分のニーズに合わせて検索を行い、ヒットするページに足を踏んで情報を得ますが、読み手が知りたいと思うような情報でなければ、そもそも検索すらして貰いにくいと考えておきましょう。

まずは、ニーズの調査を行い、何の情報が求められているのかを正確に分析する必要があります。

3.テーマ選びをしよう

記事のテーマを考えるのも大切な事です。

また、1つだけに限るのではなく、読み手が「こっちの方も読んでみたいな」と思うようなテーマをいくつか作り、そこに関連性を持たせる事が重要です。

4.時期を見極める

例えば、確定申告や、決算等の記事を作成する場合には、それらが多くなりやすい一定の時期を定めると言う方法もあります。

また、これらは事前に考えておき、直前になってバタバタにならないよう、時期と合わせて、構成も予め考えておくと良いでしょう。

5.タイトルや見出し、最後の総括を考える

タイトルはコンテンツの上では、読み手に最初に目に止まるものですから、タイトルを考える事は重要な項目です。

また、中身も読み手が理解しやすくわかりやすいような構成にする為にも、見出しを付けたり、最後を締めくくるように総括した結びを考え、全体を作り上げる事が大切です。

3.まとめ

いかがでしょうか?良質なコンテンツを制作する為にも、様々なポイントはありますが、今回は5つに分けて解説させて頂きました。

読み手にとって、わかりやすく、読んでメリットがある物が、結果的に良質なコンテンツに近づけると言えるのです。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法
ホームページ集客を実現したい士業が制作前に知っておくべきノウハウ

タイトルとURLをコピーしました