SEO対策!被リンクって何?〜基礎知識〜

SEO

よく耳にする、被リンクや、外部リンク、内部リンク等・・・、以前内部リンクについては解説をさせて頂きましたね!

これらの言葉は、普段耳にした事はあっても、具体的にはよく理解できていないと言う方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?

士業事務所におけるSEO対策としても、被リンクの知識をつけておいて損はありませんので、今回は被リンクにおける基礎知識を含めた解説をさせて頂きたいと思います。

1.被リンクの基礎知識

まず、SEOの対策の1つとして、重要だとされているのが被リンクです。

被リンクと言うのは、別名「外部リンク」とも言われています。

つまり、内部リンクは内側であり、外部リンクは外からのリンクだと言う事になります。

また、Googleも正式に、被リンクについて、評価の要素だと言う風に認めているのです。

と言う事は、質が良い被リンクを多く集める事ができている時については、検索をした時のランキングとしても上位に来る可能性が高まると言う事になるのです。

2.被リンクを多く貰うと順位が上昇する理由

被リンクと言うのは、事務所が持っている自社のサイトページとは別の外部のリンクだと申し上げましたが、その外部のサイトからリンクを貰う事で、なぜ順位が上がるのでしょう。

その答えはとてもシンプルで、検索エンジン自体が、「リンクを沢山獲得している所のサイトは良いサイトだ」と言う評価の基準を持っているからなのです。

もっとわかりやすく言うと、人気投票のようなものではないでしょうか。

近年の例で、もっと具体的に解説すると、例えばブログを書く「ブロガー」が居たとします。

その人が、様々な情報を閲覧する中で、「あ!このサイトを自分のページを見ている人にも、もっと紹介したいな!」と思ったとします。

すると、そのブロガーは自分の記事のページに、リンクを掲載するのです。

これらが何度も何度も積み重なって行き、結果的に良いと判断されるページには多くのリンクが集結します。

これらが、Googleを作った創設者達が考える「被リンクが多いページはランキングとしても上位に来るような仕組み」と言うのを作り出したと言うのが、1番わかりやすいのではないでしょうか。

3.被リンクは何でも良いわけではない

リンクを集めると評価は上がりますが、実際にはどんなリンクでもOKと言うような、誤魔化しは効きません。

Googleは、そこをしっかりと見極めますし、被リンクの元となっているサイト自体のコンテンツが、価値がないと判断されれば、それらはカウントされないようになっているのです。

大切な事は、外部リンクは重要ではあるが、そこに良質な物であると言う付加価値を付けて考えなければならないと言う事なのです。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法
ホームページ集客を実現したい士業が制作前に知っておくべきノウハウ

SEO
士業のホームページ制作・営業・経営支援の01ゼロイチ侍
タイトルとURLをコピーしました