効果のある被リンクと、効果のない被リンクって?

SEO

以前に、被リンクの基礎知識について解説をさせて頂きましたが、今回はこの被リンクで、効果があるものとないものがあるのかどうか?について、解説させて頂きたいと思います!

1.効果がある被リンクの基準って何?判断基準

まずは、効果があるとされる被リンクの基準について見ていきましょう。

始めに確認すべき事は、「dofollowリンク」が付いているかどうか?と言う所がポイントとなってきます。

これは、リンク自体に「rel = “nofollow”」が付いているかどうかで見極める事ができます。

「rel = “nofollow”」が付いていると言う事は、クローラーと言って、ネットを回遊しているロボットがあるのですが、クローラーがリンク先を辿りはするものの、効果の無い被リンクだと、検索エンジンが判断してしまうのです。

ちなみに、「rel = “nofollow”」が付いていないリンクの事を「dofollowリンク」と呼びます。

2.Googleの旧ページランクの観点で見る

上記では「dofollowリンク」が重要であり、SEOとして評価を受ける為にも、「dofollowリンク」は前提とされています。

しかし、この「dofollowリンク」の中でも、効果があるものと、ないものに分かれます。

被リンクとなる元のページ自体に、リンクが付いている事が重要なのですが、この事はGoogleが以前設定していたページのランクを保有していると表現する事もできます。

ページランクと言うのは、SEOの評価の中でも、重要な要素となる項目となっており、リンクによって伝わる事になります。

ただGoogleが公表していたページランクは現在では廃止されていますので、どのホームページのランクが高いかということは現在では確認ができないようになっていることは理解しておくようにしましょう。

ただ言えることとしては自治体を初めとした公共性のある機関などのページはランクは廃止された現在でも価値の高さはあるのではないかと考えられています。

また、この伝わるランクは、リンクの元のページランクに大きく影響を受けています。

ですから、被リンクを使う場合、元となるページ自体が被リンクをしっかりと獲得しているかどうか?が重要となってくるのです。

3.効果がない被リンク

一昔前までよく使われていた手法ですが、リンクがただ単純に羅列されただけの意味のないリンク集に含まれている場合においては、効果がない被リンクです。

例えば、検索するユーザー側が目的とするサイトであり、そこに価値がある場合であれば問題ないのですが、これらの場合のほとんどが、誘導を目的としておらず、検索エンジンへのリンクの獲得が目的とされているのです。

この場合においては、評価を受ける事は、まずほとんど無いと考えておくべきでしょう。

なんでもかんでも、被リンクが多ければそれで良いと言うような、簡単な考えでは、逆に評価を下げられてしまい兼ねませんから、注意が必要です。

Googleの考えである、基礎中の基礎とも言える「ユーザーにとって価値がある」と言う事を、理解していないと、このような結果を招きかねないと言う事を忘れてはいけません。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法
ホームページ集客を実現したい士業が制作前に知っておくべきノウハウ

SEO
士業のホームページ制作・営業・経営支援の01ゼロイチ侍
タイトルとURLをコピーしました