SEO対策に必要なコンテンツは自分で作れるのか?

SEO

まず、Googleの考え方を理解しましょうと言う事を、当サイトで何度か申し上げてきましたが、SEO対策に必要となるコンテンツの作成や、その内容についても、Googleの「検索ユーザーにとって価値のあるもの」と言う視点から、作成を行わなければなりません。

士業事務所を営まれていると言う事は、その「士業」に関する資格を有しており、その道の専門家でもあります。

これらの内容を題材にし、コンテンツを制作する事は決して不可能なことではありません。

しかし、実は全体の90%の方が、事務所のサイトに掲載するコンテンツを、自分で制作できないと言うデータも存在しています。

勿論、これは最初作れなくても、時間が経過するにつれて、慣れていけば書けるようになったと言う方もいらっしゃると思います。

実際の所、コンテンツを自分で作るのは、それほどまでに難しい事なのでしょうか?

1.根本的に作成が苦手な人もいる

自分で記事等を制作する事ができるのであれば、外注する必要もありませんし、作った記事は事務所のデータに蓄積していきますから、将来的に考えてもプラスな面が多くなります。

しかし、士業と言う一般的な評価では難関と言われる国家試験を突破したと言う人の中でも、実際に文章を作成するのが根本的に苦手な方も中にはいらっしゃるのは事実なようです。

前途でも申し上げておりますが、ただ単純にコンテンツを作成すれば良いと言う事ではなく、手法や、解説の方法等をふまえ、Googleの考え方に沿った形で作成しなければ意味がありませんから、そのような方は外注されると言う割り切りも1つの手だと言えるでしょう。

2.書けないと思い込んでいる方

実は、今までブログ等も更新した事がないし、文章を制作した事がないからと言って、自分には無理だと思いこんで書かない方もいらっしゃいます。

これは非常に勿体無い事で、せっかく士業と言う専門的な知識を、コンテンツにする事で検索ユーザーにとって価値のある物を提供できるわけですから、慣れるまで何度も試してみると言う事も考えてみてはいかがでしょうか。

実際には、ライターでさえも、経験がなくても努力した事で制作が可能になり、内容にもよりますが、慣れてくれば1000文字を15分くらいで書き上げる士業の方もいらっしゃいます。

週にどのくらいコンテンツを更新するかにもよりますが、最初から無理だと決めつけずに、いくつか制作してみると言うのも大切な事なのです。

3.才能ではなく、慣れである

コンテンツを制作する上では、才能は絶対に要らないと言う事は言い切れないのは正直な所ではあります。

しかし、記事の作成は、基本的に才能よりも、慣れが圧倒的に物を言います。

せっかく持っている士業と言う専門知識を活かして、お試しでも良いので、作成を進めてみてはいかがでしょうか?

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法
ホームページ集客を実現したい士業が制作前に知っておくべきノウハウ

SEO
士業のホームページ制作・営業・経営支援の01ゼロイチ侍
タイトルとURLをコピーしました