SEO対策における「有料リンク」はペナルティを受ける!

SEO

前回の記事において、SEO対策を行う悪徳企業が、「有料リンク」を使った方法をご紹介させて頂きましたが、今回は、この有料リンクについて、もう少し詳しく解説をさせて頂きたいと思います。

実は、SEO対策をする上で、有料リンクは“リスク以外の何ものでも無い”と言われる時代です。

1.そもそも有料リンクって何?

まずは、有料リンク自体の事を理解して貰う必要がある為、簡単に解説をさせて頂きます。

有料リンクと言うのは、お金等の対価と引き換えにする事により、設置されるリンクの事を意味しています。

その対価を得て設置したリンクの中の内、検索エンジンによるリンクの評価自体が、リンク先に渡される状態になる事を言います。

また、サイトにおけるリンクが通常のリンクである場合には、ほとんどが有料リンクとみなされますので、注意が必要です。

昔の手法で、この方法が多く使われていたのですが、実際には検索ユーザーにとって何の価値もないケースが多く、不自然なリンクとなってしまいます。

悪徳なSEO会社は、この手法を使う事によって報酬を得ようとするのです。

2.有料リンクは、結局ペナルティを受ける?解除するには?

もし、有料リンクを使ったとしても、結果的にはGoogleに見つかってしまいますし、その分のペナルティを受ける事になります。

つまり、スパムリンクによって、特定されれば、リンクを辿る事によって審査されてしまうと言う事なのです。

もし、リンクを貼っていなかったと言う場合であっても、サーチコンソールから想定されてしまいます。

場合によっては、検索順位が2位3位だったものが、有料リンクを使う事によって100位にも入らなくなったと言う事例も存在します。

それほど、Googleによる考え方は、「有料リンク」は不要であり、検索ユーザーにとって何の価値もないと言う答えなのです。

もし、Googleからの警告メッセージが来ていたり、有料リンクが設定されている場合においては、速やかに有料リンクのリストアップを行い、否認リンクのファイルを作成して、否認リンクリストを送信する必要があります。

このように、ペナルティの解除を行わなければ、順位を元に戻す事は確実に不可能だと言えるでしょう。

また、もし他社にSEO対策をお願いしていたとして、有料リンクがある場合、ペナルティ解除を受けるには、そのリンクを設定した会社に有料リンクを外すように指示する必要もあります。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法
ホームページ集客を実現したい士業が制作前に知っておくべきノウハウ

SEO
士業のホームページ制作・営業・経営支援の01ゼロイチ侍
タイトルとURLをコピーしました