複合キーワードから考えるコンテンツ作りの注意点

SEO

SEO対策では、現在様々な手法が使われております。

そんな中で、まだ圏外のキーワードをピックアップし、複合キーワードとして文の中に入れてヒットしやすくさせると言う施策を取ると言う方法があります。

その内容にもよりますが、まだまだ圏外となっている複合キーワードは沢山あります。

しかし、その圏外となっている複合キーワードの全てを文面に挿入すれば、必ずSEO対策となると言うわけではありません。

今回は、その点の注意事項について解説を行わせて頂きたいと思います!

1.複合キーワードをいっぱい入れても良質なコンテンツとは言えない

上記でも解説のあったように、まだ圏外となっている複合キーワードを入れると言うのは、SEO対策の中でも重要なポイントです。

しかしながら、少し考えてみて下さい。

圏外となっている複合キーワード全てを、文面に無理やり入れるとどうなるでしょうか?

文章の構成上、おかしくなる場合がある事に気がつくと思うのです。

例えば、オムレツの作り方を知りたくて検索したのに、最初はオムレツの材料を書いているのに対し、いきなりオムレツを作る為のフライパンの製造方法について書かれているような物となってしまいます。

この場合、検索ユーザーはオムレツを上手く作る方法を知りたいのであって、作る時に使用するフライパンの製造方法なんて、興味がありません。

確かに、オムレツを作るには、フライパン等の調理器具は必要ではありますが、フライパンの事は、別の記事として制作すれば良い事です。

この事からもお分かり頂けると思いますが、そのコンテンツ記事のタイトルや、見出しの内容に沿った内容として文章を構成しなければ、せっかく検索をして、読んで頂く側のユーザーは混乱してしまう結果になってしまいます。

そうなると、どうなるでしょう?

Googleは、検索ユーザーにとって良質であり、価値のあるコンテンツでなければならないとしています。

つまり、圏外の複合キーワードを大量に入れたとしても、その文章を読む側となるユーザーにとって、「理解ができた」「読んで価値があった」と言う結果をもたらさなければ、せっかく入れた複合キーワードも無意味となるだけではなく、コンテンツ自体も価値がない物になってしまうのです。

2.まとめ

どちらにしても、重要な事は無理やり検索順位を上げる為に沢山の複合キーワードを入れると言う事よりも、読んで貰う方にとって結果的に利益があったと言う内容でなければならないと言う事です。

ただ単純に検索順位を上げる為のSEO対策として、圏外の複合キーワードを沢山、文面に挿入した所で、結果的に何を伝えたいのか、わからないような文章にしてしまっては、せっかく読んで下さったユーザーに、時間のムダを提供しただけと言う結果にもなりかねませんから、そこも注意した上でコンテンツ作りをして行く事をオススメ致します。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法
ホームページ集客を実現したい士業が制作前に知っておくべきノウハウ

SEO
士業のホームページ制作・営業・経営支援の01ゼロイチ侍
タイトルとURLをコピーしました