モバイルファーストインデックス(MFI)って何?

WEBマーケティング

SEO対策には、様々な方法があり、その中でも対策の方法は年々進化を遂げる一方です。

それらの新しい情報をいち早く把握して理解し、着いていかなければ、対策をするのが遅れてしまいます。

今回は、2018年2月22日に、Googleが発表した「モバイルファーストインデックスの導入」について、基礎的な知識から解説をさせて頂きたいと思います。

1.モバイルファーストインデックスとは?

ではまず先に、モバイルファーストインデックス(MFI)の基礎から見ていきましょう!

おそらく、「モバイルファーストインデックス」と聞いても、何のこと?と思われる方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?

モバイルファーストインデックスについては、Googleが以下のように言っています。

「ユーザーにとって、更に価値のある検索結果を提供するため、Googleではモバイルファーストのインデックス登録に向けた実験を開始しております。Googleの検索インデックスは、サイトやアプリについての単一のインデックスとして存続しますが、将来的には、Googleのアルゴリズムは、モバイル版のコンテンツを主に使用する事になる。ページのランキングを決定したり、構造化したデータを理解したり、検索の結果にスニペットを表示する時にも、モバイル版のコンテンツが使用されるようになる」(わかりやすく表現を変えています)

ちなみに、文中に出てきた「アルゴリズム」と言うのは、手順や数式の事を意味しています。

例えば、検索する時に「ランチ 安い」で検索したとき、ランチの安お店を探しているのだと理解し、Googleは独自のシグナルによって検索をした方に価値のある良質なサイトを表示させるという事を言います。

話を戻しますが、Googleが言いたいのは、こういう事になります。

「今まででは、デスクトップ版のページをクロールしていたが、モバイル版のページをクロールして評価するようになりますよ」と言う事なのです。

2.ファーストインデックスが必要な理由

どうして、Googleはこのような変更をする事にしたのでしょうか?

この背景としては、少し前と今の時代での変化にあります。

現在では、モバイルの利用率が大変増加しており、2016年11月にはデスクトップよりもモバイルユーザーの割合が上回ったと言う事が理由として上げられます。

それより前までは、デスクトップユーザーの方が多かったのですが、モバイルユーザーの方が多くなったと言う事です。

このような背景から、Googleは変更を行う事にしたと言う事になります。

まず、今回の記事では、モバイルファーストインデックスと言葉に慣れ、何が行われるのか?と言う、基礎的な知識を頭に入れておきましょう!

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法
ホームページ集客を実現したい士業が制作前に知っておくべきノウハウ

タイトルとURLをコピーしました