SEO対策を理解する為にIT用語を覚えよう1.

SEO

現在、SEO対策として様々な解説を伴う記事が日々コンテンツとして作成され、私たちの身近な情報源となっています。

しかし、その解説に出てくる、普段聞きなれないようなIT用語は、記事は読めたとしても用語を理解できていない為、結果的に内容がしっかり把握できていない事が多いのではないでしょうか?

今回は、その普段聞きなれないようなIT用語について、まとめてみたいと思います!

SEO対策を行うなら知っておくべき用語

◆アルゴリズム

ネットにおけるアルゴリズムと言う「手順」や、「数式」事を意味しています。

検索をかけるユーザーが、検索をかけた時に、ユーザー側にとって質が良く、良質であり価値のあるサイトを上位に表示させる事がGoogleアルゴリズムと言う事になります。

例えば、「ランチ 安い」で検索をかけた場合、ランチの安いお店を探したいという事がわかります。

この場合、Googleの独自となる200を超えるシグナル(手がかり)を使い、数千〜数百万のwebページの中から検索をかけているのです。

◆検索クエリ

検索をするユーザーが実際に入力をするワードの事を意味します。

◆検索キーワード

サイトの提供者側が設定をする単語や、upする前に設定をするフレーズの事を意味します。

◆リライト

執筆者以外の人が、その文章を書き直したり書き換えをする事です。

◆インデックス数

窓口の数を表します。

◆被リンク数

外部のリンクを、どのくらいもっているかと言う意味です。(ちなみに、ページランクには被リンクは現在ありません)

◆Test My site(テスト マイ サイト)

モバイルサイトの速度などを調べるツールとなっており、2017年6月にGoogleより提供されたものとなります。

◆流入・流入数

検索した結果一覧や、検索と連動型の広告等により、特定リンクを通してアクセスされた数の事を言います。

◆ユーザービリティ

使いやすさの事です。ネットのマーケティング戦略の上、この1つのワードだけで解決するのは難しいと考えておく方が良いので注意しましょう。

◆クローラー

ネットを回遊するロボットのような物で、様々なものを収集する為のプログラムの事を意味しています。

その収集されたデータがインデックス化される事によって大きな検索のデータベースが作成される事になります。

◆XMLサイトマップ

マップと名前が付く事からお分かりの通り、そのページの地図のようなものです。クローラーに「こんなページがありますよ」と知らせる事が出来るものとなります。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法
ホームページ集客を実現したい士業が制作前に知っておくべきノウハウ

SEO
士業のホームページ制作・営業・経営支援の01ゼロイチ侍
タイトルとURLをコピーしました