Googleの主なアップデートを知ろう!1.

SEO

Googleは、今まで様々なアップデートを行ってきました。

その事によって、検索順位が下がってしまったと言う方もかなりいらっしゃる事でしょう。

また、Googleは公式に発表をしていない場合でも、細かなアップデートは沢山行われていると言われているのです。

今回は、実際にGoogleが今まで行ってきたアップデートを知り、少しでもご自身のサイトに対しての、アップデートについて

敏感に反応して頂けるように、Googleのこれまでの主なアップデートをご紹介させて頂きたいと思います。

1.主なGoogleのアップデートについて

まず始めに、アップデートの歴史しては、2000年9月に検索のサービスを開始しています。

そこから様々なシステムの導入や、アップデートが行われていますので見てみましょう。

1-1.インデックスシステム「カフェイン」

まず、2010年6月に導入された、インデックスシステム「カフェイン」です。

これは、ウェブのページをクローリング、インデキシングする事によって検索した結果を表示させているのですが、このスピード自体の速度を速める為、システムの再構築が行われた内容となっております。

1-2.フレッシュネスアップデート

次に、フレッシュネスアップデートの導入です。

2011年12月に導入されております。

新しく、新鮮であり、尚且つタイムリーな内容となるコンテンツを上位に表示させる為のアップデートでした。

この導入によって、例えば何か大きな事件やニュースが起きた場合でも、古いコンテンツが上位表示によって邪魔をしていては不便ですから、それらを補完する為のアップデートとなっております。

1-3.ペンギンアップデート

アップデートの中でも、かなり有名なものとなっていますから、内容は知らなくとも名前は知っていたと言う方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?

こちらは、2012年4月の導入となっております。

SEOのアップデートとなっており、目的としてはスパム行為を撲滅する事となっています。

更に、違反をしているサイトの順位を下げる等、大きな影響を受けたアップデートの1つとなっております。

1-4.パンダアップデート

こちらも、ペンギンアップデートと同様に、有名なアップデートの1つです。

導入されたのは2012年7月です。

コンテンツの品質自体が低いサイトの評価を下げる事が目的であり、逆に質の高いサイトを上位にする為のアップデートです。

2.まとめ

以上のアップデート等については、2000年の検索サービス開始〜2012年までのアップデートをご紹介致しました。

次回も引き続き、主要となるGoogleのアップデートについてご紹介させて頂きたいと思います。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法
ホームページ集客を実現したい士業が制作前に知っておくべきノウハウ

SEO
士業のホームページ制作・営業・経営支援の01ゼロイチ侍
タイトルとURLをコピーしました