Googleの主なアップデートを知ろう!2.

SEO

前回は、2000年9月の検索サービスの開始〜2012年7月までのアップデートについて解説させて頂きました。

今回は、引き続き、そのあとのGoogleの主要となるアップデートについてご紹介させて頂きたいと思います。

1.2012年7月パンダアップデート以降

前回の記事でご紹介したGoogleのアップデートの中でも有名なパンダアップデート。

このアップデート以降には、どのようなアップデートが導入されているのでしょうか?

1-1.Search Plus Your Worldの導入

こちらの導入は、2014年4月となっております。

Google+のアクティビティを、検索した結果に用いる形のアップデートとなっております。

ちなみに、パーソナライズの検索の時にも最適化が行われております。

1-2.ペイデンロードアップデート

導入は、2014年5月となっています。

スパム行為を行っているサイトや、スパムが多いキーワードに対し、削除する事を目的としたアップデートとなっております。

ちなみに、スパム行為と言うのは、不特定多数の方へ同じ内容のメッセージ等を送ったりし、受け取った側となるユーザーが悪質だと判断したものの事を言います。

1-3.パイレーツアップデート

導入は、2014年10月となっています。

DMCAと言って、デジタルミレニアムの略称となる著作権法があり、この著作権を侵害する場合には、侵害した旨を申し立てて削除する事が可能となっています。

このDMCA侵害の申し立て件数が多いサイトに対し、検索順位を下げる為のアップデートが行われました。

1-4.ドアウェイアップデート

導入は、2015年4月となっています。

こちらは、ドアウェイのページを対象にしたアップデートであり、例えば検索エンジンの為オンリーに作られたような誘導ページの検索順位を下げる為に行われました。

1-5.モバイルフレンドリーアップデート

導入は2015年4月となっています。

こちらは想像しやすいと思いますが、例えばスマートフォン等で何かを検索した際に、スマホのサイズに最適化されていないページがありますね。

それらの順位を下げる為のアップデートとなっております。

1-6.クオリティアップデート

導入は2015年5月となっており、ランキングのアルゴリズムに関する全体のアップデートが行われました。

2.まとめ

今回は、2014年〜2015年までの主なアップデートについて、まとめて解説させて頂きました。

前回の記事からもお分かり頂けると思いますが、Googleは近年様々なアップデートを多く行っている事がお分かり頂けると思います。

次回は、近年で行われているアップデートについて見ていきたいと思います!

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法
ホームページ集客を実現したい士業が制作前に知っておくべきノウハウ

SEO
士業のホームページ制作・営業・経営支援の01ゼロイチ侍
タイトルとURLをコピーしました