Googleアップデートで順位が下落した!どのような対策が必要?

SEO

2018年4月のGoogleによる、コアアルゴリズムのアップデートによって、大きな変動が起きたと言う内容については、前回基礎知識として解説をさせて頂きました。

今回は、そのコアアルゴリズムのアップデートによって、順位が下落してしまったページ等を、参考にして頂きたく、解説を行わせて頂きたいと思います。

1.順位が下落してしまったページの対応方法

まずは、コアアルゴリズムのアップデートによって、順位が下落してしまった方の為に、どのような対応を行えば良いのか?を具体的にご説明させて頂きたいと思います。

1-1.まずは順位の確認をしよう!

始めに行って頂きたい事としては、できる限り、朝・昼・晩等、1日3回は事務所のサイトが何位に表示をされているかどうかのチェックをおススメします。

また、これは、できるだけ毎日行う方が良いでしょう。

手順については次に上げる2つの方法をご覧下さい。

1.SEOツールを使用し、順位の確認を行う

2.Googleクロームによるシークレットモードにて、手動で検索をする

以上の2点が、順位の確認を行う上での方法となります。

さらに、この2点については、どちらか1つの方法のみを行うのではなく、2つの方法を使う事が重要です。

その理由としては、SEOのツールを使用した際に確認できる順位と、手動検索とでは、多少の違いがある事が多い為です。

常に変動が起きていますから、どっちが正しいと言う事は言い切れませんが、どちらも確認する事によって、どのくらいの順位なのかを把握する大切な目安になる事は間違いありません。

1-2.入れ替わりを確認する

もしも、上位の10サイトに入れ替わりがないのに、11位以降に変動が見られる場合には、上位20サイトがどのくらい入れ替わりがあるかどうかについて、確認をする事をおススメします。

これは、上位の10サイトにも、入れ替わりがある場合が多くなるからです。

まずは、キーワードの上位がどのような動きをしているのかを把握し、順位が降格したサイトや上がったサイトのURLを記録します。

そして、どのようなサイトが変動として順位が下がったり上がったりしたかどうかを確認する事により、その傾向を掴む事ができるのです。

さらに、順位が下がってから、1週間程度で、再度確認をし、どのように対策をすれば良いか?と言う検討をする必要があります。

2.まとめ

少し難しいお話に感じられた方もいらっしゃるかもしれませんが、様々なSEO対策は慣れでもあります。

誰でも最初はわからない事だらけですが、少しずつ知識を増やしていけば、そこまでの抵抗感は無くなりますから、諦めずにトライしてみて下さい!

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法
ホームページ集客を実現したい士業が制作前に知っておくべきノウハウ

SEO
士業のホームページ制作・営業・経営支援の01ゼロイチ侍
タイトルとURLをコピーしました