SEOに強い記事を作成する為の知識〜実践編〜

SEO

前回の記事では、SEO記事として、SEOに強い記事の基礎知識を解説させて頂きました。

今回は、そのSEO記事を、実際に作成する際には、どのような書き方や、作成方法が必要であるかについて、実践編として解説をさせて頂きたいと思います。

1.まずは、作成の際の書き方等のポイントを押さえよう!

1.まず始めに、キーワードの選定を行いましょう。

これは、以前にも記事として解説させて頂いている部分でもありますが、キーワードプランナーを使用する事により、関連性や、検索のボリューム、そして競合性等のポイントを押さえながら、選定を行うようにします。

キーワードプランナーにつきましては、ログインをしてから、キーワードを入力して開始ボタンをクリックして使用します。

2.タイトルについて

次に、タイトルを決めましょう!

タイトルには、選定をした対策のキーワードを含めたり、前方へ持ってくる事によって、検索がされやすく、そして際立つタイトル作りが可能となります。

更に、タイトルは、理想的な一定の文字数と言うものがあり、30文字〜32文字あたりでとどめておきます。

そうしなければ、検索をした際に、結果として表示される部分が、オーバーしている文字部分に関しては「・・・」と表示されてしまい、全貌が明らかになりません。

どうしても文字数をはみ出してしまう場合には、検索されやすいワードや、その記事の中身が鮮明に分かるような文字、そして選定したキーワード等、表示されている段階で、検索ユーザーが何の記事なのかを把握できるようにする事をおススメ致します。

3.h1タグを作る

h1タグについても、以前の記事にて解説をさせて頂いておりますが、簡単にご説明すると、タイトルの次に大きい、大見出しの事を意味しています。

hタグには、細かく分けて、1〜6までありますが、まずはh1タグを作りましょう!

4.構成を考えて目次を決めます

h1タグを作ったら、その記事の内容に沿った目次を決定します。

目次については、当たり前の事ではありますが、タイトルの内容に沿ったものにして下さい。

5.いざ!記事の作成に入りましょう!

ここまで来れば、実際にタイトルと、目次の内容に沿った記事の作成に入ります。

記事の中身については、文字だけを羅列すれば良いわけではなく、hタグを上手く使い、どの部分に、どのような内容が記載されているのか、一目でわかりやすいような内容を盛り込んで書き上げます。

書き手が、やってしまいがちな事ですが、書く側は、書きたい内容をすでに把握しているのに対し、読み手にとっては、読みながら中身を把握していきます。

その事を想定せず、自己満足な内容で書いてしまうと、結果的に読みづらく、読み手にとって良質な記事とはなりません。

読み手の側に立って、読み手がどう感じるか?を意識しながら、作成をしていくようにしましょう!

2.まとめ

ここまで来れば、実際に記事の掲載に移ります。

ここでご紹介している方法は、あくまでもSEO記事を意識した内容となりますが、書き進めていく内に、ご自身のやり方等が決まっていかれる方も沢山いらっしゃいます。

大切な事は、書き手や記事の作成を行う者の利益ではなく、あくまでも検索ユーザーや、読み手に対して良質であり、尚且つ価値がある物を作る事ができるように意識して制作する事が大切なのです。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法
ホームページ集客を実現したい士業が制作前に知っておくべきノウハウ

SEO
士業のホームページ制作・営業・経営支援の01ゼロイチ侍
タイトルとURLをコピーしました