何をすれば良い?グーグルアナリティクスデータの消失について

WEBマーケティング

すでにグーグルアナリティクスデータについて知っており、対策を取られたと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、期日が迫ってきている為、グーグルアナリティクスデータの消失について、確認をして頂く為に、内容を解説させて頂きたいと思います。

1.Googleから届いたメール「グーグルアナリティクスデータの消失」について

4月12日(木)に、Googleよりグーグルアナリティクス(GA)のデータが消失すると言う内容のメールが届いております。

このメールは、グーグルアナリティクスのユーザーである方には、届いているはずです。

しかしながら、この届いたメールは、全てが英文となっており、何の事が書かれているかわからないと言う事で、見落とし等をされている方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?

そのメールの内容を一部ご紹介させて頂きます。(一部わかりやすくする為に表現を変えている部分があります)

「ユーザーと、イベントのデータが、サーバーの上で保持される期間を管理する為の詳細なデータ保持コントロールの導入を行いました。2018年5月25日より、これらの設定に従い、ユーザーとイベントのデータが保持されます。Googleアナリティクスでは、選択した保持期間より、古いユーザーとイベントのデータが自動的に削除されます。これらの設定は、集計データに基づくレポートに影響する事はありません」

つまり、データの消失と、その消失が開始される日が明記されていると言う事になります。

全文を読むと分かる事なのですが、この背景としては、EUにデータを保護する規則が施行される為、Google側がこれに応じる形で決定したと言う事が分かります。

ただし、ここで焦る必要はありません。

保持できるデータの対象期間については、ご自身で設定する事が可能となっており、期間の無制限と言うものもあります。

2.設定方法について

では次に、上記で解説させて頂いた内容の設定方法をご紹介いたします。

設定方法は簡単で、まずはグーグルアナリティクスにログインします。

次に、左下の歯車のようなマークをクリックし、続いて「トラッキング情報」と、「データ保持」を順番にクリックします。

そして、ユーザーデータとイベントデータの保持の右側にある「自動的に期限切れにならない」→「14か月、26か月、38か月、50か月、自動的に期限切れにならない」の中から「自動的に期限切れにならない」をクリックし、「保存」をクリックして完了となります。

選択は5つとなっておりますが、「自動的に期限切れにならない」を選択しておくと安心でしょう。

最初にも申し上げておりますが、2018年5月25日には、設定された保持期間が有効になりますので、まだ対応されていないと言う方は、チェックしてみて下さい。

おすすめの関連記事

税理士開業後、苦手な営業の契約率が2か月で2.5倍に劇的改善したわけ
士業がホームページ制作を考える前に意識すべき2つのポイント
士業事務所における実例コンテンツ!良い例・悪い例
ホームページから集客するために覚えておきたいコツを理解しよう
今、士業がしなくてはいけない真の営業方法
ホームページ集客を実現したい士業が制作前に知っておくべきノウハウ

タイトルとURLをコピーしました