経営・マーケティング

経営・マーケティング

行政書士の平均年収と年収アップを実現するための方法

行政書士をはじめとした士業という職業に携わっている人は高収入というイメージがあります。しかし、実際に働いている人たちの中には思うような収入が得られず苦労している人がいるのもまた現実なのです。 ここでは行政書士の平均年収と、なかなか収入が増えずに困っている行政書士の人に向けた年収をアップさせるための方法について解説していきます。 行政書士の平均年収 一般的なサラリーマンの平均年収はだいたい450万円程度といわれています。これを踏まえて行政書士の年収を見てみると、平均では600万円ほどといわれています。 サラリーマンの平均年収450万円と比較すると150万円ほど多いわけですから、こ...
経営・マーケティング

独立した社労士が年収を上げるためにはどんな方針を立てるべきか

社労士として独立して仕事を始めると年収が伸び悩むどころか、収入が安定せずにどんな対策を立てたら良いかで苦しむケースも少なくありません。 独立してからどのような方針を立てて経営していくと安定して年収を上げていくことができるのでしょうか。その基本的な心構えから具体的な対策までを一通り確認しておきましょう。 社労士にとって欠かせない差別化 独立した社労士が顧客を獲得し、顧問契約を成立させていけるようにするためには競合相手との差別化を図ることが欠かせません。 社会保険制度が時代の変遷と共に大きな変化を起こしている状況があり、労働者が適正な形で勤務できるように管理するシステムを整えること...
経営・マーケティング

司法書士の主な業務とは?試験合格のコツや競合について

司法書士は裁判所、検察庁、法務局などに提出する書類を作成します。その他には本人の代理として登記手続を行う業務もあります。法務大臣認定の司法書士は、簡易裁判所管轄の民事事件を本人の代理としてして行うこともあります。 法律に関する書類作成のエキスパートであり、その業務は広く多岐に渡ります。司法書士の業務や試験合格へのコツ、他の司法書士との競合について詳しく解説します。 司法書士とは?主な業務内容について 司法書士は法律業務の中でも書類の作成が主な業務です。司法書士は行政書士と混同されがちですが、この二つは全く違い、行政書士は各種申請および手続きの際に必要になる書類の作成を請け負います。 ...
経営・マーケティング

生き残るために必要な士業の営業力とは?

生き残る士業になるために必要なものはなんでしょうか? それは営業力です。 士業の先生方は営業力が弱い傾向があります。 というよりも、先生業として捉えすぎているのか営業の視点を持ち合わせている人が少ないように思えます。 ですから、しっかりとした営業ができる人が士業をやるとうまくいく可能性が格段に上がります。 士業の営業力とは? 士業に必要な営業力について考えていきましょう。 士業に必要な営業力とは、大きく2つあります。 対面での営業力と、非対面での営業力です。 対面での営業力というのは、コミュニケーション力が大きく左右されます。 非対面での営業力とい...
経営・マーケティング

士業の未来は営業力が決める?

今の時代、士業事務所全般に営業という考え方が必要になってきました。 かつては、待っていれば仕事がくる先生業でした。 今は間違いなく違ってきています。 どの産業も同じで、待ちの姿勢ではやっていけない時代が突入しています。 しかし、士業の先生は営業が苦手だと言う方が多いです。 でもそれは仕方ないことです。 ずっと法律の勉強をしてきたから資格に受かって先生になれているからです。 営業の勉強をすれば士業は頭がよいので、出来るようになる人は多いだろう。 しかし、ここでは単純な営業について考えていくのではなく、広い意味で営業力について考えていきたいと思います...
経営・マーケティング

成長していく士業の3条件とは

今後活躍、成長していく士業の3条件について考えてみましょう。 士業という特殊なくくりに対して、どのような認識を持つことができるのか?がとても大切になってきます。 士業は、もちろん特殊な部分というのは間違いなくあります。 しかし、この特殊さに過度に、必要以上に騙されてしまっては本質を見誤ってしまうことになります。 士業をいかに、士業としてではなく、ビジネスとして捉えることができるのか? 先生である前に、経営者であるという視点が大事になります。 この点がまず、総論として大切なことです。 また、力を何に振り向けるのか?ということもとても大切な活躍、成長要因と...
経営・マーケティング

行政書士が補助金業務で売上を上げる方法

行政書士 経営実務を学ぶ学校より転載 行政書士の経営と実務に特化したブログを書いている行政書士の学校の校長の石下です。 今日は行政書士業務のブルーオーシャンと言える補助金業務について。 行政書士が補助金業務をしたほうがいい理由 行政書士業務は継続課金が難しい、いわゆるスポット業務が多いのが特徴です。 設立して終わり、許可をとって終わり(変更等はあるでしょうが)ではなく、既存のお客様に対しサービスを提案することができれば、それだけで売上は上がるでしょう。 また、補助金業務を扱っている行政書士、いや士業が少ないので、新規のお客様の受注にも非常に効果的です。返済不...
経営・マーケティング

士業は、定性的なイメージが大事

あなたのイメージはなんですか? 定量的なイメージは崩れてしまったり、不確実性すごく高いです。あなたにとって一番大切なのは、実は、定性的なイメージです。 いわゆるイメトレです。スポーツ業界だと当たり前じゃないですか。オリンピック選手など、みんなやっています。流行りましたよね、五郎丸の有名なルーティーンの話。 どんな時でも平常心を保つ、動作を崩さず絶対うまくやるためのルーティーンとして確立してるわけです。オリンピック選手とかが決勝の舞台にたったときに、こういう風に呼ばれて、自分はこういうアクションをしてというのを、全部イメージしてるのです。 あなたの...
経営・マーケティング

士業事務所は、未来の価値から逆算する

定性的にイメージを持ってビジネスと向き合う 未来の価値を考えて、その価値のところにたどり着けない限り、あなたは誰かに取って代わられる恐れがあります。 僕も事業計画はたくさん書いてきています。お客様のも含めて何千社と書いてきてるわけです。その事業計画はなんですかというと、基本的には数字で構成されてます。だから基本的には銀行向けの事業計画なわけです。 銀行が要求している前提のロジックに基づいた計画であって、事業計画を作っていても別に事務所が強くなるわけではありません。何を作らなきゃいけないかと言うと、定性的なイメージの事業計画です。バリューです。価値の事業計画を作...
経営・マーケティング

事務所経営において行動するからこそ初めて情熱が生まれる

情熱は経験から育っていく 自分のWhyは頭で考えても出てきません。スタンフォードの教授がレポート出してくれており、「情熱を傾けられるものを見つけようと内へ内へとこもる人たちによく出会いますが、頭の中で考えても出てきません」、と書いてあります。 「彼らには見落としていることがある」と。「行動して初めて情熱が生まれるのであって、情熱があるから行動するわけではない」。この因果関係をわかっていてほしいのです。 この因果関係、これをこの教授が学生などにテストし、この因果関係気づいたのです。 行動して初めて情熱が生まれるということです。なので、情熱があるから...
タイトルとURLをコピーしました