2019-08

士業

大阪の電子定款代行専門行政書士事務所のホームページ制作実績

大阪の行政書士事務所の基本情報 事務所名 山口行政書士事務所 代表者名 山口恭弘 ホームページ ホームページはこちら 住所 大阪府寝屋川市萱島南町10番20号 TEL 072-380-4209 お問い合わせ お問い合わせはこちら ホームページ集客の実績と内容 ホームページのURL 大阪の電子定款代行専門の行政書士事務所のホームページはこちら 業種 電子定款代行を専門としている大阪の行政書士事務所です。 特徴 定款案が事前にできていれば、最短で翌営業日には認証が完了するスピード対応 一部オプションを除き、全国対応が可能 定款作成、電子定款...
士業

大阪の建設業許可申請専門行政書士事務所のホームページ制作実績

大阪の行政書士事務所の基本情報 事務所名 行政書士タマキ法務事務所 代表者名 山崎環 ホームページ ホームページはこちら 住所 大阪市北区太融寺町2番22号 梅田八千代ビル6階 E号室 TEL 070-6926-5432 お問い合わせ お問い合わせはこちら ホームページ集客の実績と内容 ホームページのURL 大阪の建設業許可申請専門の行政書士事務所のホームページはこちら 業種 建設業許可申請を専門としている大阪の行政書士事務所です。 特徴 お急ぎの場合は最短期間(1週間~申請)で対応いたします 事前予約で早朝・夜間も対応いたします。メールは2...
士業

自分自身を「社労士という商品」と捉えることが、集客につながる

社労士として開業したいと考えたときは、「開業しても食べていけるだろうか…」と不安に感じ、開業したあとは、「集客のコツがわからない…」と悩む人も多いのではないでしょうか。また世間からは、社労士が具体的にどんな仕事をしているかがあまり認知されていないという現状もあります。 集客を効率的にアップさせるには、どうすればよいのでしょうか。 まずは信頼を得ることが先決 会社経営者が、いざ仕事を依頼しようと思ったときに、どのような社労士と契約したいと思うでしょうか。それは、会社の近隣に事務所を構えている社労士かもしれませんし、知人から紹介された社労士なのかもしれません。 会社経営者によって、...
士業

税理士なら欠かせない!売上を伸ばす顧客満足度の高め方

税理士として「顧客満足度」を考えたり、見直してみたことがある人は多いでしょう。実はお客様は、何かしら見えにくい不満を持っています。業績を伸ばすにはやはり、お客様が税理士にどれだけ信頼を寄せてくれているかどうかが鍵となります。今一度多方面からサービスを見直してみて、不十分な場合はそれを改善していかなければ業績は伸びません。 ここでは、税理士にとって重要な「顧客満足度」を高める方法を紹介します。 お客様に対する接客態度を見直しましょう お客様が依頼している税理士に抱きやすい不満の1つに、接客態度の良し悪しが挙げられます。「態度が高圧的」、「いつも不機嫌そうで相談しづらい」など、お客様が税...
士業

社労士が顧客獲得をアップさせるために必要な方法を知ろう

社労士として独立したのは良いけれど、さらに顧客を増やしたいと考えている人もいるかもしれません。社労士が集客をおこなう上では、気を付けるべきポイントがいくつかあります。 ここでは、より多くの顧客を集めるためにやるべきことについて、紹介していきます。ポイントを押さえて、それぞれの集客方法を試してみると良いでしょう。 事務所のポイントを絞る 顧客獲得をおこなう前に、まずは社労士事務所としてのポイントを絞って決めておくようにしましょう。 社労士になるためには、資格試験を受けて合格しなくてはいけませんが、社労士事務所を開業している社労士は数多くいます。そのような有資格者が多くいる中で、顧...
士業

社労士として事務所を構える際に考慮しておきたいこと

社会保険労務士の資格は国家資格であり、毎年4万人程度が受験しますが、その合格率は一桁のパーセンテージで推移する難関資格です。合格には一年ほどの勉強期間が必要であると言われており、気軽に受験できるものでもありません。 しかしながら、社会保険労務士を取り巻く状況は甘いものではありません。この資格で開業して食べていこうと考えるならば、種々の知識に裏付けられた実力と、覚悟やさまざまな工夫が必要となります。 事務所を開きたいと思うならばダブルライセンスをめざす! まず、社会保険労務士の資格を取ったばかりで、何の経験も人脈もない状態で開業を望んだら、非常に厳しい結果が待っているであろうことは想像...
士業

社労士は知っておこう!ブランディングに必要なこととは?

社労士が多くの利益を上げながら継続的に仕事をしていくためには、ブランディングをしてユーザーからの認識度を高めることが大切です。ブランディングができて実績も積めれば、またブランド力も上がるでしょう。 そこで、ブランディングの意味やブランディングできない時の問題点について説明します。また、社労士がブランディングするメリットや実践する方法も紹介しますので、参考にしてみてください。 ブランディングとは? ブランディングとは、ユーザーに対してサービスに関する共通認識を確立することです。社労士の場合、具体的には「社労士ができる業務を認識してもらう」「社労士個人について知ってもらう」などになります...
士業

社労士で競合に差をつけるための営業・集客のポイントは?

社労士は労働法や社会保険のプロフェッショナルとして、相談や書類作成などを独占業務として行うことができます。労働問題の増加から活躍の場も増えていますが、事業の観点から見ると競合との競争が激化している状況です。また、他の士業でも社労士の業務領域に重なる部分があり、競合として考える必要があります。 ここでは社労士事業において、さまざまな競合に差をつけるための営業・集客のポイントについて解説します。 まずは社労士の仕事の特徴を正しく理解する 社労士として競合に打ち勝つためには社労士の仕事の特徴を正しく理解し、取り扱う商品・サービスや外部向けのアピールに反映することが大切です。 多くの人...
士業

社会保険労務士はおすすめ?社労士の収益はどのくらい?

社会保険労務士いわゆる社労士は、労働法および社会保険を熟知した専門家です。社労士は労働法や社会保険に関する書類の作成や書類手続きの代行などの業務を行います。さらにコンサルタントとして相談を受けたり、指導をしたりすることもあります。 社労士の資格は難易度が非常に高く、社労士しかおこなうことのできない独占業務があるため就職にも有利に働きます。 社労士とは?資格の取り方や業務内容について 社労士(社会保険労務士)の業務には1号業務・2号業務・3号業務があります。 1号業務は行政機関等に提出する書類(申請書・届出書・報告書・審査請求書・異議申立書・再審査請求書、その他)を作成する業務の...
士業

競合が激しい税理士の世界で生き残るために必要なこと

会計ソフトの充実やe-taxの普及、そして中小企業数の減少など、税理士を取り巻く環境は厳しいものとなりつつあります。会計士や経営コンサルタントとの競合も激しい中、税理士が生き残っていくためにはどうすればいのでしょうか。 決算や申告だけを行う税務ではなく、他にはない魅力をもった税理士を目指すために必要なことを考えていきましょう。 減り続ける小規模事業者数 税理士にとって必要なのは、自分を必要としてくれる企業です。しかし従業員数が少ない小規模事業者の数は年々減り続けていて、今後も減少傾向は変わらないとみられています。 これは、経営者の高齢化や競合の激化が理由だと考えられていて、新し...
タイトルとURLをコピーしました