2020-01

インタビュー

<第1回>開業する前の人脈作りが成功の鍵 コミュニケーション能力の高さを武器に!成約数をあげるコツは適材適所の人材配置にあり

独立してから1年8カ月で顧問契約は150社超!成約数を上げるための秘訣を税理士の古殿哲士氏伺いました。 プロフィール 古殿哲士 スタートパートナーズ総合会計事務所 代表  1982年生まれ。広島市出身。 立命館大学に進学し、同大学大学院卒業。大学院修了後、広島の会計事務所に入所。約3年半勤務し、再び関西へ。起業家支援に強い全国規模の大手税理士法人で実務経験を重ね、最終的に税理士事務所に勤務しながら税理士資格を取得。その後、2016年8月にスタートパートナーズ総合会計事務所を独立開業。 開業1年8ヶ月にして独自のマーケティング法で、顧問先は150件超という異常な...
インタビュー

お客様と専門家をつなぐ仕事

ダイニングカフェ&バーオーナーであり公認会計士の松本佑哉先生に、お客様と専門家をつなぐためのマインドについて、お話を伺いました。 プロフィール  松本佑哉 立命館大学経営学部卒、公認会計士、滋賀県出身 大手監査法人に勤務し、広告代理店やエンターテイメント企業を中心に担当。同時にプライベートでマーケティングやマネジメントスキルを現場のトップ集団から学び習得。 その後、みらいコンサルティング㈱に入社し、新規事業開発、事業再生、事業調査、財務調査、事業計画策定と幅広くプロジェクトマネージャーとして活動。 平成28年9月に独立し、フリーランスのコンサルタ...
経営・マーケティング

【特別対談】資格開業成功の8つの法則

プロフィール <資格スクエア 代表 鬼頭政人> 開成高校、東京大学法学部卒業後、2005年司法試験 合格、2006年3月 慶應義塾大学法務研究科修了後、司法修習を経て弁護士登録(旧60期)。都内弁護士事務所、政府系投資ファンドで経験を積んだ後、2013年12月、資格スクエアを運営する株式会社サイトビジット代表取締役に就任。 著書に「資格試験に「忙しくても受かる人」と「いつも落ちる人」の勉強」(大和書房)、「開成→東大文I→弁護士が教える超独学術 結局、ひとりで勉強する人が合格する」(幻冬舎)がある。 <株式会社ウェイビー代表取締役社長 伊藤健...
WEBマーケティング

インターネット黎明期からホームページに着手! なぜCTC行政書士法人代表中谷氏は地域のハブを目指すのか?

「行政書士ってなんかいいかも!」から法人化まで ― まずは、独立されるまでの経緯について教えてください。 20代のころ、それこそ20回ほど転職を経験しました。病院、画廊、飲食店、プールバーなど多種多様です。でも、どの仕事もいまいちピンとこなくて。それで27歳のときに1回目の結婚をしました。 その後、30歳で離婚。実家がある習志野市の帰ってきてからは、一念発起して行政書士の資格を取得。32歳で自宅開業した、という経緯になります。 行政書士の資格を取得しようと思ったのは、ドラマの「カバチタレ!」や「アリー my love 」がきっかけです。もともとミーハーな性格とい...
WEBマーケティング

ノリで会社をつくってもいい! 「士業らしくない」を強みにするウィズアス社会保険労務士事務所代表前田氏の士業論

チラシと飛び込み営業からのスタート ― まずは、独立されるまでの経緯について教えてください。 訳あって大学には7年ほど在籍していました。その後、ある不動産会社に入社したのですが、わずか半年ほどで退職。しばらく知人の不動産会社で新規事業の立ち上げをしたりしていました。 もともと学生のときに社労士や宅建の資格を所有していたので、さらに行政書士の資格もとり、29歳のときに独立したという経緯になります。 ― 独立当初についてはいかがでしたか? かなり大変でしたね。社会人経験もほとんどなかったので。もちろん...
WEBマーケティング

「紹介営業のみ」「退職者ゼロ」。会計事務所リライトが実践する理想的な事務所経営のあり方とは

紹介営業の極意 ― まずは、独立されるまでの経緯について教えてください。 そもそも税理士業は、独立したい人たちの集まりだと思います。やはり、独立を目的としてスタートする人が多いのではないでしょうか。私自身もそうでした。ただ、どこかの税理士法人に勤めていると、やがて居心地が良くなってしまうものです。 ただ、30歳を過ぎたあたりから、「そもそもなぜ資格を取得したんだっけ?」と思うようになりまして。それで当初の「独立」や「チャレンジ」というところに立ち返り、実際に独立したのが32歳のときでした。 また、うちの実家が事業をしていたということも...
WEBマーケティング

資格試験での失敗経験はゼロ!社会保険労務士水野氏がそれでも人脈を最優先にする理由とは

行政書士と社労士を同年に取得 ― まずは、独立されるまでの経緯を教えてください。 独立する前は、薬品製造会社の工場で働いていました。業務内容としては、薬品の製造管理です。 ただ、30代のなかばごろ、腰を痛めてしまいまして。骨を移植しなければならないということで、手術をし、3ヶ月ほど入院していたのです。 手術は無事、成功しました。しかし、術後の治りが悪く、主治医からは現場復帰が不可能であると告げられまして。それで転職を考えるようになったのです。 社会保険労務士に興味をもったのは、入院中の経験が大きいかと思います。 ...
WEBマーケティング

大切なのは“汗をかく”こと! 一人ひとりが1,000万円以上稼ぐ北九州中央社会保険労務士法人はなぜ強いのか

講師と士業、二足のわらじ ― まずは、独立されるまでの経緯を教えてください。 いろいろと事情がありまして、私は26歳ぐらいまで学生をしていました。そのとき、「このままじゃ人生やばいな……」と。 それで当時、資格ブームということもあり、「何らかの資格を取得しておこう」と決意したのです。 そのとき、たまたま見た本に「年収1,000万も夢じゃない」という内容のことが書いてありまして。 その資格が社会保険労務士だったのです。 資格の勉強は、在学中にはじめました。合格したのは卒業後です。それからは、受験学...
WEBマーケティング

バンドマンから司法書士へ! 椎葉基史氏が司法書士業務にこだわらない理由

・1日16時間の猛勉強で司法書士合格 まずは、簡単に自己紹介をお願いします。 20代前半までバンドマンをしていました。当時はプロのミュージシャン目指していたのですが、活動していく中で次第に限界を感じ、ついにはプロのミュージシャンへの道を諦めてしまいました。 当時は本当に悔しい想いをしましたし、その後は特別何か打ち込めるものも見つからず、2年くらいフラフラどうしようもない生活を送っていました。 そんなある日、九州に暮らす母親から電話があり、知人の連帯保証人になってしまい自己破産することになったと告げたのです。その...
WEBマーケティング

クライアントの業績を上げるのが仕事! 顧客の8割を黒字にする菅原税理士のやり方

・父親の事務所から独立 まずは、簡単に自己紹介をお願いします。 もともと父親が税理士だったので、小さいころから税理士になりなさいと洗脳されて育ちました。ただ、勉強をはじめたのは高校を卒業してからですね。専門学校で勉強し、26歳で父親の税理士事務所に入社。29歳で税理士資格を取得しました。 その後、三重県の鈴鹿で、父親と一緒に税理士法人をつくったのが32歳の頃です。私が代表になりましたが私自身は3年間代表を務めて独立しました。今から5年ほど前の話です。 父親も世代交代というのは意識してくれていたとは思いますが、何...
タイトルとURLをコピーしました