2020-02

SEO

弁護士の集客方法はこれだ!~弁護士が学ぶべき集客力~

 司法試験制度の改正に伴い、弁護士の数も増えていく中、今まで以上にライバルに打ち勝つ集客方法が必要になってきます。試験制度の改正により弁護士事務所の数は急増していくことは目に見えています。正直なところ、現在でも安定した売り上げをあげている弁護士事務所はそれほど多くありません。  そんな中でも継続的な売り上げを上げている弁護士事務所が多くあります。何が他の事務所と違うのかというと、それは、集客が安定しているからです。 集客が安定しない、つまり見込み客を定期的に持てない事務所は、売り上げが安定しません。売り上げの安定している事務所は、例外なく、安定した集客を行う方法を持っていま...
SEO

開業税理士と勤務税理士の年収の違い

 税理士には、開業税理士と勤務税理士という二つの存在があります。ではこれらの違いに関して、中でも特に収入の面では一体どれだけの差があるのでしょうか。今回はこの開業税理士と勤務税理士の年収の違いをご紹介しましょう。  まず、分かりやすい結論のデータからお伝えします。 【開業税理士の給与収入金額】 300万円以下 31.4% 500万円以下 16.7% 700万円以下 12.0% 1000万円以下 13.5% 1500万円以下 11.0% 1500万円以上 10.4% 平均収入金額 約744万円 【勤務税理士の給与...
SEO

女性の在宅仕事に向いてる~行政書士の可能性~

女性の働き方  会社で将来を保障してあげることが厳しくなってきている時代だからこそ、副業で将来の準備をすることを許すという考えで、本業に支障がない仕事であれば、副業をしても良いという会社が増えてきています。近年の在宅ワーク事情は、パソコンやスマホを使った仕事が主流となっています。パソコン作業が苦手な方には、報酬が少し安くはなりますが、在宅ワーク手作業もあります。  作業内容としては、主にご近所へのチラシ配布、小物組み立て、封筒あて名書き、商品の検品、シール貼り、物品の発送・検品のお仕事などがあります。最近需要があるのが在宅では、データ入力や在宅ワーク手作業などで比較...
SEO

社労士の将来性とは?~AIや技術の進歩~

AIや技術進化で職が減っていく  AIがさらに進化して、知的労働の分野までコンピューターが担うようになると言われています。ただ、手間暇が掛かる作業や、数字に置き換えられない感情も含めた判断を必要とする職業だけが人間の仕事として残ると言われています。  社会保険労務士の将来性は、実際のところ、頭打ちでしょう。10人以上の職員を抱える比較的大きな事務所であっても、給与計算業務の受託が収入の大きい柱のようです。実際のところ、給与計算ソフトの台頭(中小零細)、ERPの給与計算ソフトのクラウド化(大手企業、中堅など)、税理士事務所(給与計算と社会保険書類関係の届け出はNGだけ...
SEO

行政書士のキャリアの作り方

 行政書士のほとんどは資格の取得即独立です。依頼を受けても当然ながら、初めてのことばかりです。しかし、「頑張りましたけど、だめでした」は許される世界ではありません。また、「この案件は扱ったことがありません。自信がないのでお受けできません」ではいつまで経ってもキャリアを積むことができません。とにかく、実践あるのみですが、将来を考えて、キャリアを積む必要があります。 キャリア戦略  行政書士の業務はすごく幅が広いので、何を専門分野とするかによって、同じ行政書士でも全然扱っている分野が違います。同じ行政書士の方でも宅建や建設業関係を専門としている方、相続関係を専門としてい...
SEO

弁護士事務所に辿りつくまでのきっかけづくり

弁護士事務所の置かれている状況  日本の弁護士数はこの13年間で約2倍に増えています。その背景には、司法制度改革によって2004年から司法試験の合格者数が急増していることがあります。この大増員により、日本弁護士連合会が進めてきた「弁護士ゼロ・ワン地域の解消」(弁護士0~1名の過疎地域をなくす施策)は達成されました。  しかし、弁護士数に比例してマーケットが拡大しているわけではなく、広告や弁護士費用の自由化などの影響もあり、法律事務所の競争はかなり激しくなっています。もっとも、地方都市の競争環境は都心部ほどではなく、業務分野によっても環境は異なります。 ...
SEO

行政書士の独立開業~考えておくべき初期費用~

 世の中には様々な資格がありますが、その中でも有名なものの一つに士業というくくりがあります。これは弁護士、税理士、社労士などと「士」がつく資格のことですが、行政書士もこの士業の一つになります。  この士業の特徴の一つとして、独立開業をする人の割合が多いということを挙げることができます。もちろん企業に務めている方もいらっしゃるのですが、他の資格であるファイナンシャルプランナーや宅建といったものに比べて、やはり士業の方は独立を目指す傾向にあるのです。 そこで今回はこの士業の中でも特に行政書士に注目をして、行政書士が独立開業をする際に注意すべき点をお伝えしましょう。 ...
SEO

若い税理士が有利な3つの理由とは

若手が極端に少ない税理士業界  税理士業界には、20代の税理士は、たった1.1%しかいません。登録者数が約7万人と言うことで、単純計算で、770人しかいません。30代をあわせても1割しかおらず、7000人強です。若い税理士が極端に少ないと言うことで、若さを武器にして活躍している税理士もいます。 60代以上の税理士は半数以上  逆に60代以上は50%を超えており、なんと70代の方は3割弱もいらっしゃいます。  単純計算で、60代以上の税理士が35,000人もおり、70代の税理士だけでも20,000人以上もいらっしゃいます。これを見ると、税理...
SEO

社労士の今後は?~注目される分野とは?~

注目集める社会保険労務士  社会保険労務士の資格は、近年では専門学校での人気資格のひとつとして知られており、毎年たくさんの人たちが合格をめざして受験しています。平成24年の試験結果を見てみると受験者は51,960人にものぼり、以前よりも広く世間から認知される職業となりました。  社会保険労務士の仕事が注目されるきっかけとなった出来事のひとつが、2007年に発覚した5000万件の年金記録紛失の問題です。それまで年金に対してあまり関心を払っていなかった人たちが自分の年金の支給額や支給開始の時期に疑問や不安を感じはじめ、年金の専門家である社会保険労務士への相談は急増しまし...
SEO

弁護士事務所の売上予測

弁護士数の増加と事件数の減少  弁護士数は、2005年以降2030年までの変化として、5年毎に141%、138%、128%、122%、118%と増加することが予測されている。にもかかわらず、弁護士が通常取り扱う民事訴訟件数は年々減少傾向にあり、現在は、2005年と比べて、85%程度となっている。  国の予想では、今後は弁護士が扱う事件数は訴訟の一般化に伴い増加すると言われているが、弁護士の数の方が、仕事の基となる事件数を上回る伸びで増えると推測でき、それは弁護士事務所が現在よりも激しい競争にさらされる可能性が高いと言えることを示している。 報酬に関...
タイトルとURLをコピーしました